独シーメンス:数千人の削減を計画、パワーガスなど2部門で-関係者

ドイツのエンジニアリング会社シーメンスは、少なくとも過去2年間で最大規模になりそうな人員削減に着手する。組織再編計画の一環で、複数の拠点を閉鎖する可能性もある。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  未発表の計画であることから匿名を条件に語った関係者によれば、パワー&ガス、プロセス&ドライブの2部門で大なたが振るわれる。関係者の1人は、パワー&ガス部門の削減は数千人に上る可能性があり、プロセス&ドライブ部門でも大規模な削減になると述べた。

  ブルームバーグニュースは8月、パワー&ガス部門で大規模な人員削減が計画されており、歴史あるベルリンの拠点がとりわけ影響を受ける見通しだと他社に先んじて報じた。独誌マネジャー・マガツィーンが19日報じたところによると、同部門の拠点23カ所のうち11カ所が閉鎖または売却される可能性がある。

  計画は11月初旬に発表される見通しで、この通りの内容で実施されればジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)が2015年に4500人の人員削減に踏み切って以来、シーメンスにとって最大の組織再編になる。

原題:Siemens Is Said to Plan Thousands of Job Cuts Over Two Divisions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE