英国:9月の小売売上高指数、前月比0.8%低下-予想以上に悪化

更新日時
  • エコノミスト調査の中央値では0.1%低下が見込まれていた
  • 7-9月は前年同月比1.5%上昇-4年ぶり低い伸び

英国の小売売上高は9月に前月比で減少した。予想以上に悪化し、9月までの3カ月間の伸びは4年ぶりの低さとなった。

  英政府統計局(ONS)が19日発表した9月の小売売上高指数(燃料含む)は前月比0.8%低下した。エコノミスト調査の中央値では0.1%低下が見込まれていた。7-9月では前年同期比1.5%上昇と、2013年8-10月以来の低い伸びとなった。

  スコシアバンクのエコノミスト、アラン・クラーク氏(ロンドン在勤)は、「第3四半期の締めくくりは失望する内容だった」と述べ、25日発表の7-9月国内総生産(GDP)速報値の見通しは芳しくないと続けた。

  ポンドは統計発表後にドルに対して下落。前日比0.5%安の1.3135ドルまで売られ、月初来で約2%安となる場面もあった。

原題:U.K. Retail-Sales Growth Slumps to Weakest in Four Years (1)、Pound Falls as Retail Sales Grow at Slowest Pace in Four Years(抜粋)

(3段落目以降にコメントと市場の反応を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE