二匹目のどじょうはいるか-「犬の散歩代行版ウーバー」に厳しい目

インターネットを通じて単発の仕事を請け負う「ギグエコノミー」の次のサクセスストーリーを探しているベンチャーキャピタリストにとって、犬の散歩代行アプリの「ワグ」は格好の投資先のように思われる。創業3年のワグは急速に成長し、事業拡大を賄うため少なくとも1億ドル(約113億円)の調達を目指している。

  複数の投資家が出資準備を進めていた矢先の先月、ワグの請負業者に預けられている間に飼い犬が行方不明になったことを巡る苦情がソーシャルメディアで表面化した。この犬「バディー」の飼い主である元看護師のメアリーエレン・ハンフリーさんは地元のニュース局の取材に対し、同社が捜索の取り組みについて偽って説明したほか、2500ドルの口止め料を支払おうとしたとして非難した。

バディー

出典:MaryEllen Humphrey

  ワグの親会社ワグ・ラブズは、ハンフリーさんに警告状を送付。 ワグに対する発言撤回と謝罪があらゆるソーシャルメディアに投稿されなければ、「当事務所には可能な限り迅速にあなたのうそを止めるためにあらゆる手段を使う権限がある」と同社の顧問弁護士が警告した。

  ワグは口止め料を提供したというハンフリーさんの主張を否定した。同社の広報担当マーシー・サイモン氏は、ワグは犬の捜索のプロを雇い、バディーの発見に1日約1000ドル費やしたと述べた。だが、ハンフリーさんはワグの主張に異議を唱えている。

  ある土曜日、犬を散歩中の女性がバディーが捜索ポスター近くにいるのを発見した。バディーは切り傷を数カ所負い、体中にダニが付いていた以外は無事だった。ハンフリーさん一家は同日、自ら雇ったプロの調査員と共にバディーを探していた。幸運な結果となったにもかかわらず、ワグの評判が損なわれたことに潜在的な投資家はすでに動揺しており、投資家の一人は自身のベンチャー企業が二の足を踏んだと述べた。

ワグのアプリ

出典:Wag / Facebook

  ウーバーに刺激された新興ペットケア企業は、口コミなどに依存してきた業界に革命を起こしたいと考えている。しかし、ワグの経験は技術革新がスムーズに行かないことをあらためて示している。ワグや同業のローバー・ドット・コムは、規制当局による監視の目、直接雇用していない人が提供する手抜きサービスへの苦情、高いマーケティング費用や多額の損失など、他のギグエコノミー企業を悩ませているのと同じ問題に直面している。

  ハンフリーさんは警告を受けたにもかかわらず、引き続きネット上でワグを批判し、記者の取材に応じている。バディーが無事に見つかった後のインタビューで 「ワグは私を繰り返し脅そうとした」と主張。「私は脅しも賄賂も望んでいない。飼い犬を探すのを助けてほしかっただけだ」と語った。

原題:Wag, the ‘Uber for Dog-Walking,’ Is Drawing Uber-Like Scrutiny(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE