ムニューシン米財務長官は共和党の税制改革案には富裕層向けの税制優遇措置が含まれると述べ、富裕層には実質的に減税にならないとするトランプ米大統領の公約と矛盾する見解を示した。

  ムニューシン財務長官は18日に公表されたポリティコとのインタビューで、「所得上位20%が税金の95%を支払い、上位10%が税金の81%を払っている。このため、全体的に減税する際には中間所得層に減税しながら富裕層に減税しないのは極めて難しい」と語った。

  税制法案での富裕層の扱いを巡る長官の見解はこの1年で変遷している。昨年11月にはCNBCに対し、トランプ大統領が「上位層には絶対的な減税を行わないこと」を望んでいると発言していたが、その後は公の発言の中でトーンを弱めていた。ただ、トランプ大統領は少なくとも9月14日までは、税制案が「富裕層の利益にはならず、中間所得層に恩恵がある」と述べている。

原題:Steven Mnuchin: ‘Very Hard Not to Give Tax Cuts to the Wealthy’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE