ソロス氏資金運用のグレン・ポイント、年初来成績プラス23%-関係者

  • 新興市場に焦点、新興国の債券や為替への投資が奏功
  • 2016年の運用成績はマイナス4.1%だった

ジョージ・ソロス氏

フォトグラファー:Riccardo Savi / Concordia Summitのためのゲッティイメージズ
フォトグラファー:Riccardo Savi / Concordia Summitのためのゲッティイメージズ

資産家ジョージ・ソロス氏らの資金を運用する英ヘッジファンド会社グレン・ポイント・キャピタル(運用資産23億ドル=約2600億円)は今年1-9月の運用成績がプラス22.7%となった。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  マクロヘッジファンドの同社は今年を通じて新興国の債券や為替への投資で利益の大半を上げたと、関係者らは匿名で語った。グレン・ポイントの広報担当者はコメントを控えた。同社はブルーベイ・アセット・マネジメントの運用者だったニール・フィリップス氏とジョナサン・フェイマン氏が設立した。

  グレン・ポイントは新興市場重視の戦略に支えられ、成績で同業他社を引き離している。他のマクロヘッジファンドは今年に入って低調なリターンが続いており、業界最大手の中には運用成績がマイナスとなっているファンドもある。ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントの旗艦ヘッジファンドは今年1-9月の成績がマイナス4.6%となったほか、資産家クリス・ロコス氏のヘッジファンドは9月にプラスに転じたものの年初来では1.2%のマイナスとなっている。

  投資家向け書簡によると、グレン・ポイントの昨年の成績はマイナス4.1%だった。

原題:Soros-Backed Hedge Fund Is Said to Beat Peers With 23% Return(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE