【NY外為】ドルが一時の上げを失う-ユーロは5日ぶりに反発

更新日時
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

18日のニューヨーク外国為替市場ではドルがほぼ変わらず。トレーダーらは、新たな材料を探しつつポジションの調整を行った。ユーロは5営業日ぶりに反発。スペイン中央政府はカタルーニャ自治州に対し、19日までに同自治州独立の正当性に関する主張を取り下げるよう期限を設定しており、市場はこの情勢を見極めようとしている。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は一時0.2%余り上昇したが、午後に入り上げをほぼ全て失った。ドルは主要10通貨に対してまちまちな展開。一方でユーロは主要通貨のほぼ全てに対して上昇した。対ドルでは午後にこの日の高値に上げ、1.1800ドルを上回った。欧州大陸やロンドン、ニューヨークのトレーダーによれば、この日の外為市場は薄商いとなった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比ほぼ変わらず。ドルは対円では0.7%上げて1ドル=112円94銭。ユーロは対ドルで0.2%上昇の1ユーロ=1.1787ドル。

  サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は17日付のニューヨーク・タイムズ(NYT)紙インタビューで、「米経済においてはインフレ水準が低く、インフレ圧力が本格的に高まる予兆もない中で、非常に力強い労働市場を維持できるような良好な状況にある」と述べた。

  また「個人的な見解では漸進的な利上げを継続するのが望ましい。12月に追加利上げを実施し、来年は3度の利上げというのが良好なスタート地点となる」とも語った。

  ニューヨーク連銀のダドリー総裁は「われわれは年内3回の利上げという中央値を示して2017年を迎えたが、今のところ実際にその通りになる道をたどっている」と述べた。

  米連邦準備制度理事会(FRB)が18日公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によると、12地区全てが9月から10月初めの経済活動の拡大を報告した。

  ドルは対円で一時113円05銭に上昇。米国債相場が下げて利回りが上昇したことに支えられた。円は主要10通貨に対して軟調な展開。

欧州時間の取引

  ユーロは欧州時間は軟調な展開となっていた。欧州中央銀行(ECB)が今後見込まれるテーパリングの進展においても緩和姿勢を継続するとの観測が広がった。一方でドルは米国債利回りの上昇に支えられて値上がりした。

  ECBのテーパリングが市場のベースシナリオである9カ月よりも長くなる可能性があるとの見方があり、それがユーロの下押し圧力となっている。

  この日はドラギECB総裁が講演したが、新たな手掛かりはほとんど示されなかった。ECBは来週、政策会合を開催する。

原題:Dollar Little Changed While Euro Breaks Four-Day Losing Streak(抜粋)
原題:EUR Stays Defensive as Draghi Keeps Silent on Taper: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE