スキーやスノボ上級者への道を加速させる6つの革新的アクセサリー

スキーやスノーボードの腕は、3000円以下のシンプルなアクセサリーを使うことで、高価な個人レッスンを受けたのと同じくらい上達することがある。筆者はそれを数年前、コロラド州ベイルのスキー場で実感した。

  私の場合、冬用の厚手の靴下をはいていたのが上達を阻んでいた。たかが靴下、と思うかもしれないが、これでブーツがきつくなり耐えられなくなっていたのだ。インストラクターと共にスキーショップに寄り、薄手の靴下を購入。それに履き替えて初めて、それまでレッスンで教わったことが身にしみて理解できるようになった。

  スキーやスノボの上達を助けてくれるアクセサリーを6点、紹介する。

ブーツウォーマー

フットウォーマーS4のキット

Source: Hotronic

  ホットロニックのフットウォーマーS4:メインの発熱体はどのインソール(中敷き)にも装着が可能。ブーツかズボンのウエスト部分につけられる充電池パックはフル充電で21時間もつので、ブーツ内の温度を一日中、セ氏約29-37度の範囲で制御できる。249ドル。

特注の矯正インソール

https://www.youtube.com/watch?v=2MlSTFwHXAA

  シュアフットの特注インソール:足の形状分析やスキーの腕前などの情報を基に、ショップで1時間ほどかけてカスタマイズされる。ターンやその他の動きを快適かつ効率的にしてくれるインソールだ。将来別のブーツに買い換えた場合でも使える。235ドルから。

正しい靴下

靴下一つであなたのパフォーマンスが変わるかもしれない(写真はスマートウールのPhDウルトラ・ライト)

Source: SmartWool

  スマートウールのPhDウルトラ・ライト靴下:薄手で、ブーツの中でボコボコしないデザイン。かかと部分の補強は最小限に抑え(ブーツのフィット感をそのままにするため)、ほぼシームレスなので不快なこすれが生じることがない。ずり落ちないデザインや、湿度を逃がすメッシュの使用、ちょっと楽しい柄の展開もうれしい。23ドル。

見栄え良く高性能のヘルメット

国際レース基準を満たすPOCのスカル・オービックX

Source: POC

  POCのスカル・オービックX:スタイルと安全性の両方で最高レベルのヘルメット。国際レース基準の全てを満たす高性能素材を使用しており、耳当ては音がこもらないような設計だ。内張りは簡単に外れるので手洗いもできる。200ドル。

着用できる水分補給源

キャメルバックの水分補給パック、ゾイド。従来モデルよりスリム化され、着脱が簡単に

Source: Camelbak

  キャメルバックの水分補給パック、ゾイド:ウインタースポーツを想定した断熱材入りで、水漏れしないデザインのストローが付いている。容量は2リットルとちょうどいい大きさで、ジャケットの下に着用して違和感がない。70ドル。

ブーツがラクに運べるストラップ

ファストストラップのブーツストラップを使えば、ブーツを肩や首に掛けて運べる

Credit: Evan Ortiz/Bloomberg

  ファストストラップのブーツストラップ:一日中滑った後、道具を自動車やホテルに持ち帰るのがことさら重労働に感じる人は少なくないだろう。ブーツのバックルにこのストラップを引っかけ、首の周りなどに掛ければラクに運べる。15ドルから。

原題:Six Accessories That’ll Totally Revolutionize Your Ski Game(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE