米国の軍事基地は必要な能力より19%余剰、縮小が必要-国防総省

米国の軍事基地は必要な能力より19%余剰だと米国防総省がインフラ報告書で指摘した。陸軍は29%、空軍では28%が余分だとしている。

  マティス国防長官は17日に公表された議会委員会宛ての書簡で、リソース再配分のため「過剰なインフラをなくすことが可能でなければならない」と訴えた。同長官は議会に対し2021会計年度に基地閉鎖プロセスを始動すべきだとの考えを示した。

サウスダコタ州エルスワース空軍基地から展開された「B-1B ランサー」

A handout photo made available by the US Air Force on 09 August 2017

原題:Almost One in Five U.S. Military Bases ‘Unnecessary’: Report (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE