米上院:オバマケア安定化策で超党派合意-保険会社への補助再開

更新日時
  • トランプ政権は先週、保険会社への連邦補助金支給を停止を発表
  • 「過渡的な問題を乗り切る助けとなるだろう」とトランプ大統領

米共和、民主両党の上院議員は17日、医療保険制度改革法(オバマケア)を安定させるための是正策で合意に達したことを明らかにした。2018年の保険加入受け付けは2週間後に始まる。

  トランプ政権は先週、保険会社にとって重要な意味を持つ連邦補助金の支給停止を発表していた。これを受け、補助金支給の再開で2年間の超党派合意が取り結ばれたもので、合意が実現すれば保険料引き下げにつながる可能性がある。

  今後、順調に行けば、この安定化策は上下両院を通過し、トランプ大統領の署名を経て成立する。成立すれば、ホワイトハウスが先週発表したオバマケアの一部見直しで保険会社を中心に巻き起こった混乱は収束する可能性がある。

  トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスで超党派合意について聞かれ、自分はこの取り組みを後押ししてきたが、最終的には州が資金提供を受けて独自のプログラムを設けられるようにしたいと発言。「これは1年ないし2年程度の解決策であり、過渡的な問題を乗り切る助けとなるだろう」と指摘した。

  17日の米株式市場で、オバマケアとの関わりが強い医療保険株が急伸。センティーンは3.2%高の93.80ドル。モリーナ・ヘルスケアは2.8%高の61.54ドル。テネット・ヘルスケアは5.3%高の13.60ドル。

原題:Senators Get Deal to Prop Up Obamacare, Keep Subsidies Trump Cut(抜粋)

(大統領のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE