バークレイズCEO:アップルやアマゾンの攻勢から決済事業守る必要

  • 「決済業務が今後15年間で金融の戦場となる可能性」-ステーリー氏
  • サイバーセキュリティーが金融機関の最大の懸念の一つ-同CEO

バークレイズのジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO

Photographer: Peter Foley/Bloomberg
Photographer: Peter Foley/Bloomberg

英銀バークレイズのジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は、米アマゾン・ドット・コムやアップルなどテクノロジー企業の攻勢から決済事業での優位を守る必要があるとの考えを示した。

  同CEOは米ワシントンで開催された国際金融協会(IIF)年次会合のパネルディスカッションで、「テクノロジーや地政学的環境を中心に地殻変動的な変化が起きている」と指摘。 「すべての銀行は決済事業を極めて重視している。そこが今後15年間で金融の戦場となるかもしれない」と述べた。

  また、サイバーセキュリティーが金融機関にとって最大の懸念の一つであり、決済事業に参入する企業が増える中で、当局は規制の「範囲を拡大」しなければならないと同CEOは語った。

原題:Barclays CEO Says Bank Must Ward Off Apple, Amazon in Payments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE