究極の家族旅行、世界最大の豪華客船で楽しもう-来年4月就航

  • シンフォニーは23万トン-ロボットのバーテンダーがサービス
  • 「アルティメット・ファミリー・スイート」は8人の利用が可能

世界最大の豪華客船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」が来年4月に就航する。クルーズ客を驚かせようとロイヤル・カリビアン・インターナショナルが投入する2774の客室を備えた最新鋭の大型船だ。

  2016年就航の「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」が22万6963トンであるのに対し、シンフォニーは23万トン。「タイタニック号」をはるかにしのぐ大きさだ。10階建てビルほどの高さのあるスライダー「アルティメットアビス」があり、「バイオニックバー」ではロボットのバーテンダーがサービスしてくれる。

アルティメット・ファミリー・スイート

出所:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

  専用の映画シアターを備えた「アルティメット・ファミリー・スイート」は1364平方フィート(約126.7平方メートル)の広さで、メゾネットタイプ。子供たちは「レゴ」でいっぱいの部屋で遊ぶことができる。ロイヤル・カリビアンはまだこのスイートルームの料金を発表していないが8人で利用できるとしている。

  同社のマイケル・ベイリー社長兼最高経営責任者(CEO)は「バケーションの冒険で新たな水準」を生み出し、「あらゆるタイプの家族に究極のエスケープ」を楽しんでもらうと資料でコメントした。

建造中のシンフォニー

出所:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

  ライブエンターテインメントも強化する。リバイバル上演となるミュージカル「ヘアスプレー」船上版に加え、空の旅の歴史を描いたオリジナル作品「フライト」も上演される。屋外劇場では新しいダイビング・アクロバットショーも楽しめる。ハイテクを駆使したアイススケートショーさえある。20を超えるレストランやコメディークラブ、ウオータースライド、サーフシミュレーターやミニゴルフコースなど盛り沢山だ。

巨大なスライダーが造られる

出所:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

  夏季は地中海を航海するシンフォニーだが、11月にはマイアミに拠点を移し東と西のカリブ海をそれぞれ1週間ほどかけクルーズする。乗船もスムーズだ。専用のモバイルアプリに自身の写真を登録すれば、セキュリティー検査を通過後、すぐに客室に入れるという。

船内のプレーメーカーズ・スポーツ・バー&アーケード

出所:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

原題:World’s Largest Cruise Ship Has Robot Bartenders, 10-Story Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE