米18州と首都が政権提訴-オバマケア補助金の継続求め

米カリフォルニア州など18州と首都ワシントンは13日、トランプ政権に医療保険制度改革法(オバマケア)に基づく補助金を継続するよう裁判所が命じることを求めて同州の連邦地裁に提訴した。

  ホワイトハウスは12日に同法に基づく補助金支払いを直ちに停止すると発表し、数百万人が無保険となる恐れが出ている。補助金の次回支払いは今月18日で、裁判所は補助金が中断しないよう判断を下すには数日間の猶予しかない。

  各州は訴状で、トランプ大統領の決定に伴う補助金停止と経済的な不確実性が「消費者の医療保険コスト増大や保険会社の個人保険市場離れにつながる」と主張。「無保険者が再び増加し、経済的な影響を受けやすい個人に打撃を与え、各州の直接的な負担になる」と述べた。

  訴訟についてホワイトハウスと司法省に電子メールでコメントを求めたが、直ちに回答はない。

原題:California-Led Group Asks Court to Keep Obamacare Subsidies (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE