米銀3位のウェルズ・ファーゴは13日、金融危機前の住宅ローン関連事業に関して10億ドル(約1120億円)の費用を7-9月(第3四半期)決算に計上したことを明らかにした。費用計上は開示済みの当局調査に関するもの。想定外の計上で、同社の費用総額は過去最悪の144億ドルを記録した。

  第3四半期の1株当たり利益は84セントと、この費用計上で20セント押し下げられ、ブルームバーグがまとめたアナリスト26人の予想平均1.03ドルに届かなかった。13日のニューヨーク株式市場で、ウェルズの株価は一時4.3%安。

原題:Wells Fargo Hit by Surprise Charge From Pre-Crisis Mortgages (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE