トランプ米政権:オバマケア下での保険補助金の支払い停止へ

  • CSRと呼ばれる補助金は低所得者の自己負担支払いを支援
  • オバマケアの下で充当されている予算はない-司法省と厚生省が結論

トランプ米政権は12日夜、医療保険制度改革法(オバマケア)の下で保険会社に支給されているコスト・シェアリング・リダクション(CSR)と呼ばれる連邦補助金の支払いを直ちに停止すると発表した。

  CSRは、オバマケアの制度を利用して保険に加入した低所得者の自己負担支払いを支援する補助金で、その合法性が争われていた。保険会社は支給が打ち切られた場合、保険料を大幅に引き上げるか撤退すると表明している。

  ホワイトハウスは声明で、オバマケアの下で保険会社へのCSR支払いに充当されている予算はないとの結論に司法省と厚生省が達したと説明。「こうした不法な支払いを通じた保険会社の救済は、前政権が破綻した制度を支えるために法律を避けて通り、税金を乱用したことを示す例の一つだ」とした。

  ハーガン厚生長官代行とメディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)のトップのシーマ・バーマ氏は、CSRの支払いを移行期間なしで直ちに停止すると表明。次の支払いは来週予定されていた。

トランプ大統領は、自身の掲げるヘルスケア計画が米国民をオバマケアの「悪夢」から救うと語る

(出所:Bloomberg)

原題:Trump Threatens Obamacare Chaos as He Cuts Off Insurer Subsidy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE