米フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)はロシアによる昨年の米大統領選挙への干渉疑惑を巡り、ロシア政府関連アカウントによって同社プラットフォームで購入された全広告の公表を「全面的に」支持すると表明し、その時期は議会次第だとの姿勢をあらためて示した。

  サンドバーグ氏はニュースサイト、アクシオスのマイク・アレン氏とのインタビューで、議会から要請があれば何であれ提供し、広告が公表される際には「協力する」と述べた。

  フェイスブックは同疑惑について調査している上下両院の情報特別委員会に3000を超える広告に関する情報を既に提出している。サンドバーグ氏は11日、ワシントンでマイケル・コナウェイ(共和)、アダム・シフ(民主)両下院議員との会合で調査について協議した。ツイッターとアルファベット傘下のグーグルも議会の調査を受けており、3社全てが11月1日の公聴会への出席を求められている。

  サンドバーグ氏はロシア広告スキャンダルを巡るフェイスブックの「責任は極めて大きい」と述べた。

原題:Facebook’s Sandberg Puts Onus on Congress to Reveal Ads (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE