世界中の人々が民泊仲介の米エアビーアンドビーを利用して自分のアパートをゲストに貸し出しているが、その過程で建物の所有者や大家を怒らせることもある。こうした現状の中、エアビーアンドビーは不動産サイドのビジネスにより直接的に関与しつつある。

  同社はエアビーアンドビーの名を冠した324ユニットのアパートを設計するために、フロリダ州マイアミに本拠を置く不動産開発会社ニューガード・デベロップメント・グループと協力している。入居者はオンラインで部屋をまた貸しすることが奨励され、ゲストはホテル並みの施設が利用可能となる。

  これは法に抵触することのない民泊仲介サイトの運営に向けた新たな一歩になると、エアビーアンドビーのグローバル・パートナーシップ・ディレクターのジャジャ・ジャクソン氏が説明した。

  1棟目のアパートはフロリダ州キシミーで、キーレスエントリーや、クリーニングや荷物の保管などオンデマンドのコンシェルジュサービスを提供する。入居者は年間最大180日エアビーアンドビーでのみ部屋をまた貸しすることが許可される。来年1-3月(第1四半期)にオープンする見通しだと同社は述べた。

原題:Airbnb-Branded Apartment Buildings Are Coming to the U.S.(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE