トランプ米大統領、オバマケアの一部見直しに着手-大統領令に署名

  • 議会による法制化の失敗受け、大統領は自力での骨抜き狙う
  • 各省庁にオバマケアの中核を損なうような措置の検討を指示

トランプ米大統領

Photographer: T.J. Kirkpatrick/Bloomberg

トランプ米大統領は、議会共和党指導部が医療保険制度改革法(オバマケア)の廃止・代替の法制化に失敗したことを受け、自力でオバマケアを骨抜きにする取り組みを開始した。

  トランプ氏が12日にホワイトハウスで署名した大統領令は連邦省庁に対し、オバマケアの中核理念の多くを損なうような幾つかの措置を検討するよう指示している。

  大統領令は規制当局に対し、複数の中小企業が共同で州境を超えて保険を購入したり、オバマケアで縮小された短期保険プランを保険会社が販売できるようにしたりする規則などの策定を求めた。

  トランプ氏は大統領令に署名する際、「われわれはオバマケアの大弊害を長い間、耳にしてきた。そして撤廃と代替についても長々と聞き続けている」と語った。

原題:Trump Moves to Undo Obamacare After Repeal Drive Fails on Hill(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE