中国から韓国への直接投資が今年に入り劇的に減少した。中国は本土からの資金流出を抑えるため、海外投資や外貨持ち出しを規制している。

  韓国産業通商資源省の発表によれば、中国本土からの対韓直接投資は1-9月に前年同期比63%減の6億800万ドル(約680億円)となった。

  米国からの投資は5.5%減少したが、日本からは90%増えた。少子高齢化の進む日本では企業が海外に活路を見いだそうとしていると同省は説明した。

原題:China’s Direct Investment in South Korea Plunges on Restrictions(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE