新規仮想通貨公開(ICO)が「買い手はご用心」という自己責任の世界であることは最初から分かっている。それでも11日にはこの教訓を学ぶのに誰かが7万ドル(約790万円)余りという高い授業料を払った。

  この投資家はエアスワップという分散型仮想通貨取引所のICOで仮想通貨を購入しようと試みた。エアスワップはICOを10日に開始していた。この取引が成立しなかった理由は不明。

  この投資家についてはイーサリアムブロックチェーンのアドレス「0xf51ec864d5fb2f184198e369fe063fc77045a3ad」だけしか分かっていない。イーサスキャン上の取引記録によれば、投資家は50万8000ドル相当の仮想通貨(1700イーサ)を購入しようとしたが、結果的に236.9516イーサ、つまり7万ドル余りを失うことになった。

  イーサスキャンによると、仮想通貨取引が中断されたりキャンセルされた場合、投資家は取引額を失うわけではないが、取引を実現させるのに必要な数のイーサは没収される。

原題:Buyer Beware as $70,000 Goes Up in Smoke on Broken ICO Trade(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE