トランプ米大統領が史上最大と呼ぶ大型減税の実現に向けた上院共和党の団結を阻んでいる問題は、大統領とコーカー上院議員(テネシー州)の激しい対立だけではない。

ボブ・コーカー上院議員
ボブ・コーカー上院議員
写真:Andrew Harrer / Bloomberg

  ポール議員(ケンタッキー州)は共和党の税制改革枠組みについて、税控除の廃止により中間層および中間上位層には増税となると批判。マケイン議員(アリゾナ州)は税制改革法案は超党派で規則通りに順序立ったプロセスを経るべきだと主張している。

  さらに12月12日に予定されているアラバマ州補欠選挙で現在、当選最有力とみられているロイ・ムーア氏は所得税廃止などを訴え、当選すればマコネル上院院内総務と争うつもりだと述べている。そのほか、共に医療保険制度改革法(オバマケア)撤廃法案に反対したコリンズ議員(メーン州)とマカウスキ議員(アラスカ州)も税制改革法案に反対する可能性がある。

  共和党の上院議席数は52。法案を支持するようトランプ氏が民主党議員を説得できない限り、共和党は造反を2議員に抑える必要がある。

原題:Bob Corker Is Just the Beginning of Trump’s Tax-Cut Problems (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE