【NY外為】ドル続落、FOMC議事録でデータ重視姿勢を確認

更新日時
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

11日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続落。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事録を受けて日中安値に値下がりした。議事録では、年内の再利上げは正当化されると多くの当局者が判断したことが判明した一方、最近の低いインフレ指標について多くの参加者が一過性の要因だけではないと懸念を表明したことが明らかになった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%低下。ユーロはドルに対し0.4%高の1ユーロ=1.1859ドル。ドルは対円で0.1%未満上げて1ドル=112円50銭。

  ドルは主要10通貨の全てに対し下落。このところは米国債利回りの低下に加え、トランプ大統領の財政政策、北朝鮮、中国を巡る懸念が重しとなっている。議事録によると、金融当局者はデータ重視の姿勢をあらためて強調する一方、今年に入って見られる低いインフレ指標が持続する公算が小さいとデータで確認できるまで追加利上げは先送りすべきだとの見方を参加者「数人」が示した。

  米10年債利回りはこの日、シカゴ連銀のエバンス総裁が12月の利上げについて「語るのは時期尚早だ」と述べたことを手掛かりに低下した。

  ドルはFOMC議事録の公表後、円に対して下落に転じた。北朝鮮が数日後に短距離ミサイルを試射する可能性があるとの報道で、北朝鮮情勢の緊迫があらためて意識された。

欧州時間の取引

  スペイン・カタルーニャ自治州関連のリスクが後退し、市場関係者の注目が今月下旬の欧州中央銀行(ECB)政策委員会に移る中、ユーロが続伸。カタルーニャ州首相が即時独立を宣言しなかったことや、2018年の景気刺激策の大半をドラギECB総裁が今月発表する可能性があることに、ユーロ強気派は安心感を抱いた。

  ユーロは対ドルで1.1845ドルに値上がりし、前週末6日終値との比較で約1%高となる場面があった。

原題:Dollar Declines as FOMC Minutes Reiterate Data Dependency(抜粋)
Euro Bulls Return as Focus Turns From Spain to ECB: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE