欧州連合(EU)の金融・資本市場の包括的な規制、第2次金融商品市場指令(MiFID2)導入後、ファンドマネジャーらが米モルガン・スタンレーの株式アナリストと1対1で1時間のミーティングを行う場合、2500ドル(約28万円)程度を請求されるケースが出てくると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  協議は非公開だとして匿名を条件に語った関係者らによれば、この費用は1月にMiFID2が発効した後、モルガン・スタンレーが一部顧客に請求する株式調査への年間基本アクセス料とは別に設定される。また別の関係者によると、モルガン・スタンレーは小口の顧客1社に対し、基本的な株式調査へのアクセスならびに計5時間のアナリスト利用の料金として、利用者5人で年間2万5000ドルという見積もりを提示している。

  1時間のミーティングで2500ドルというアナリスト利用料は、一流弁護士をも上回る。昨年の調査によれば、ロンドンの一流法律事務所におけるパートナー利用料は1時間当たり最大1100ポンド(約16万3000円)。モルガン・スタンレーに詳しい関係者らによれば、1対1のミーティングの料金はアナリストの年功やランクによって異なる。

  モルガン・スタンレーの担当者はコメントを控えた。

原題:Morgan Stanley Is Said to Plan $2,500-an-Hour Analyst Fees(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE