国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日経平均約21年ぶり高値、IMFや機械受注で景気楽観-円安一服重し

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は続伸し、日経平均株価はおよそ21年ぶりの高値を付けた。国際通貨基金(IMF)の成長率予想の引き上げや日本の機械受注で内外景気に対する楽観的な見方が広がった。食料品やサービス、陸運など内需株や保険株、個別では設備投資関連のファナック、SMCが高い。

  日経平均株価の終値は前日比57円76銭(0.3%)高の2万0881円27銭と、ことし最長を更新する7日続伸。15年6月のアベノミクス相場の高値(2万0868円03銭)を超え、1996年12月5日(2万0943円90銭)以来の高値水準となった。TOPIXの終値は1.67ポイント(0.1%)高の1696.81と3日続伸。

  三菱UFJ国際投信・戦略運用部の石金淳チーフストラテジストは、「IMFの上方修正など景気指標が強く、素直にマーケットが反応している」と指摘。1株利益で現在8%増益が予想されている企業業績の背景にあるのは、「内外経済が拡大を続けることで、昨今の指標をみる限り、大崩れすることはない」との見方を示した。

  東証1部33業種は保険、非鉄金属、その他製品、陸運、サービス、食料品、建設など19業種が上昇。下落は鉄鋼、倉庫・運輸、輸送用機器、海運、化学など14業種。売買代金上位では、大和証券が目標株価を上げた東海カーボンが大幅高。業績予想を上方修正したローツェは急騰し、任天堂やリクルートホールディングス、住友金属鉱山も高い。半面、データ改ざん製品が広がりを見せる神戸製鋼所は連日の大幅安。ジェフリーズが判断を弱気に下げた関西ペイントのほか、スズキ、新日鉄住金、豊和工業も安い。

  東証1部の売買高は15億3158万株、売買代金は2兆3704億円。値上がり銘柄数は879、値下がりは1045だった。

●債券下落、衆院選巡る不透明感で上値重い-30年債入札は順調との見方

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は下落。この日に実施された30年債入札は順調な結果だったものの、22日投開票の衆議院選挙を巡る不透明感を背景に積極的に買う動きが出にくいとの指摘が聞かれた。

  長期国債先物市場で中心限月12月物は前日比2銭安の150円41銭で取引を開始。午後には一時150円34銭まで水準を切り下げ、結局は3銭安の150円40銭で引けた。

  岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、「30年債入札は事前に警戒感があった割には予想通り順調だった」と指摘。ただ、「衆院選がどう展開していくか読みづらく、選挙結果を確認するまでは動きづらい。下値では押し目買いで待っている人が多いが、積極的に上値を買う環境ではない」と言う。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の348回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より0.5ベーシスポイント(bp)高い0.06%で寄り付き、午後にいったん0.065%まで売られる場面もあった。その後は0.06%に戻した。新発20年物の162回債利回りは0.59%、新発30年物56回債利回りは0.88%とそれぞれ横ばいで推移した。

  財務省がこの日に実施した30年利付国債の結果は、最低落札価格が98円00銭と、市場予想の97円95銭を上回った。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は3.98倍と前回の3.67倍から上昇し、昨年3月以来の高水準となった。小さければ好調を示すテール(最低と平均落札価格の差)は7銭と、前回の21銭から縮小した。

●ドル・円は112円台前半、ドル売り先行も日本株上昇が下支え

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=112円台前半で推移。米税制改革の先行き不透明感などを背景に朝方はドル売りが優勢だったが、その後は日本株の上昇を支えに底堅い展開となった。

  午後3時38分現在のドル・円は前日比0.1%安の112円35銭。対オーストラリアドルや対ユーロでドル売りが先行する中、朝方に112円23銭まで弱含んだが、日経平均株価がアベノミクス相場での終値ベース高値を上抜けるとドル買い・円売りが強まり、一時112円59銭まで値を切り上げた。東京株式相場は下落して始まった後プラスに転じ、日経平均は1996年12月以来の高値で引けた。

  三菱東京UFJ銀行金融市場為替グループの野本尚宏査役は、「IMF(国際通貨基金)による世界経済見通しの引き上げもあり、株価に関しては下がる理由があまりない」と指摘。そうした中で、ドル・円も調整以外で下がる理由はあまりないと話した。

  ユーロ・ドル相場は一時1ユーロ=1.1834ドルと9月26日以来の水準までユーロ高・ドル安が進行。米税制改革の先行き不透明感やスペイン・カタルーニャ州首相の独立宣言先延ばしを受けて、ユーロ買い・ドル売りが進んだ海外市場の流れを引き継いだ。同時刻現在は0.2%高の1.1827ドル。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE