米金融当局は9月に公表した最新の経済予測で、年内のもう1回の利上げ見通しを堅持した。東部時間11日午後2時(日本時間12日午前3時)に発表する同月19、20両日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録では、この見通し通り利上げがほぼ確定的なのか、依然予断を許さないものなのかが示される可能性がある。

  イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長が9月26日の講演で、利上げペースについて「ゆっくりし過ぎないよう注意するべきだ」と述べたことを受け、投資家は現時点で12月の利上げ確率を80%程度と推計している。

  ジョンズ・ホプキンス大学のジョナサン・ライト経済学教授は「かなりのネガティブなサプライズがない限り、12月の利上げが見込まれることを議事録はあらためて裏付けるだろう」と述べるとともに、「最も興味深いのは金融の安定性を巡る懸念についてどのような議論が行われたかだろう」と語った。

  最新の経済予測からは、参加者16人中12人が年内に少なくとも1回の利上げが望ましいと考えていることが分かった。

  金融の安定性は9月のFOMCで議論の中心となった可能性がある。イエレン議長やブレイナード理事ら何人かの当局者は安定性へのリスクを指摘している。6月のFOMC議事録によれば、参加者は株価が「高い」として、「投資家の間のリスク許容度の高まりが、より広範な資産価格の上昇を招いている可能性」に懸念を示していた。

  当局者はさらに、失業率が16年ぶりの低水準に改善する中で、インフレ率が伸び悩んでいる理由についても再び議論した可能性がある。ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのシニアエコノミスト、サム・ブラード氏は「インフレに関して引き続き繰り広げられている議論と将来の政策措置への影響」は投資家にとって「最も」関心のある部分だろうと解説した。

原題:Fed Minutes May Underline Depth of Backing for December Hike(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE