日本のリテール投資家、トルコ・リラ熱は冷めた-MUFJ国際

Photographer: Kerem Uzel/Bloomberg

日本のリテール投資家のトルコ・リラ投資意欲は10月初旬に、フィーバーと呼べそうな水準に達していた。最新の政治的騒動でこの熱は冷めただろうか。三菱UFJ国際投信(MUFJ国際)によれば、答えはイエスだ。

  年限を問わず10%超というトルコ債の利回りは、利回りに飢えている日本の個人投資家をひき付けてきたが、米国と相互にビザ発給を停止するという最新の事件を受けたセンチメントの反転は、需要への影響が長引くかもしれないと、MUFJ国際の下村英生チーフファンドマネジャーはみている。

  リラは9日、トルコ株、債券とともに急落した。米国との外交上の緊張が、トルコの双子の赤字や米国の引き締め見通しへの懸念に加わった。日本の個人投資家のリラ買い越しは10月3日までの週に過去最大に達していた。

  下村氏は、多くのファンドが短期債に投資しているためニュースに対する当初の反応は大きくなりがちだと分析。最新の展開で、トルコはドイツに加え米国との間に緊張関係を抱えることになったと指摘し、投資家は外交問題に今までより注意を払うだろうと述べた。

原題:Mr. and Mrs. Watanabe Seen Souring on Turkey by MUFJ Kokusai(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE