NY外為:ドル小安い、トルコ・リラは対米関係悪化で急落

更新日時
  • コロンブスデーで薄商いの中、ポンドとユーロが上昇
  • トルコはじめブラジル、メキシコなど新興国通貨は軟化
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

9日のニューヨーク外国為替市場ではドルが小幅安。ここ1年で最長の上昇局面を経て買いが一服した。コロンブスデーの祝日で米国債市場が休場し、外国為替市場も薄商いとなる中で、ポンドとユーロが上昇した。

  トルコをはじめブラジル、メキシコなど新興市場通貨が軟化し、ドルの下げ幅を限定した。米国とトルコが互いにビザ発給業務を停止したことを手掛かりに、トルコ・リラは対ドルで大きく下げ、他の新興市場通貨にも売りが波及した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.1%低下。米当局による年内追加利上げの観測が高まる中、前週までは4週連続で上昇していた。ドルは対ユーロで0.1%安の1ユーロ=1.1740ドル、対円では0.1%未満上げて1ドル=112円68銭。

  
  ドルはトルコ・リラに対して一時は3.8533リラと、1月以来の高値をつけた。在トルコ米大使館は8日、在イスタンブール米総領事館のトルコ人職員が2016年のクーデター未遂に関与したとしてトルコ当局に今月4日逮捕されたことを理由にビザ発給業務を停止。その数時間内にトルコのエルドアン政権は報復措置に踏み切った。

  UBSウェルス・マネジメントで新興市場資産の配分を担当するマイケル・ボリジャー氏は、事態が収拾すれば数日または数週以内にリラが持ち直す可能性はあるが、トルコが経常赤字国であること、インフレ水準が高いことや、金融当局がよりハト派に傾倒する公算の大きさなどを考慮すると、長期的にはリラが下落する見込みだと指摘した。

欧州時間の取引

  主要通貨の取引は一部で9月平均の半分程度だったと、欧州拠点のあるトレーダーは指摘。ただしポンド・クロスの取引は、売り持ちの一部を解消する動きにより活発化した。ポンドは、英内閣の改造が実施されるとの報道や、上半期の英労働コストの上方修正を材料に上昇。ユーロに対しては7営業日ぶりに反発した。

  その他の通貨ではニュージーランド・ドルが下落。ニュージーランド総選挙の結果を消化する中で米ドルに対し4カ月ぶり安値となった。

原題:Dollar’s Winning Streak Pauses; U.S.-Turkey Spat Pummels Lira(抜粋)
Dollar Steadies as Pound Rallies on Profit Taking: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE