スペイン、カタルーニャが独立宣言なら経済崩壊と警告-10日に州議会

更新日時
Photographer: Angel Garcia/Bloomberg

スペイン政府は、カタルーニャ自治州の独立阻止に向け介入の用意があると明らかにし、同州が独立を宣言すれば経済崩壊に見舞われると警告した。

  スペインのサエンスデサンタマリア副首相はラジオ局とのインタビューで、カタルーニャが「一方的に独立を宣言すれば措置を取らざるを得なくなり、政府はそうする」と語った。議会で野党からの支持が得られなくても行動するとし、「他党の支持は求めるが、いずれにせよ政府が対応せず事態を放置することはない」と述べた。

  週末にはスペイン統一維持を求める大規模なデモが繰り広げられた。ドイツのメルケル首相もスペインのラホイ首相と対話し、統一維持への支持をあらためて表明した。

  一方、プチデモン自治州首相は独立を推進する方針を堅持し、10日に州議会で演説する予定。これに対しラホイ首相はあらゆる手段を動員して「国家の統一を維持する」姿勢を打ち出しており、11日にスペイン議会で演説する。

バルセロナのデモ(8日)

原題:Spain Warns Catalans Independence Bid Risks Economy Meltdown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE