6日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数がほぼ変わらず。雇用統計を受けて0.4%近く上昇する場面もあったが、北朝鮮が長距離ミサイルを試射する可能性が懸念され、上げを失った。

  週間では4週連続上昇し、2016年10月後半以来、約1年ぶりの長期連続高となった。ドルは前日比で主要10通貨に対して高安まちまち。10年債利回りは午前中の上昇分をほぼ失った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%未満低下。ドルは対ユーロで0.2%安の1ユーロ=1.1730ドル、対円でも0.2%下げて1ドル=112円65銭。

  9月雇用統計では平均時給が前月比0.5%増と、予想の0.3%増を上回り、失業率は16年ぶり低水準となる4.2%に低下した。これを受け、ドルは大きく上昇した。非農業部門雇用者数が前月比3万3000人減と、2010年以降で初のマイナスとなったことはハリケーンの影響とみなされ、過去のものと解釈された。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は8万人増だった。平均時給の増加を受け、12月の利上げ観測が強まった。

  北朝鮮は米西海岸に到達可能なミサイルの新たな試射を近く実施する計画だと、ロシア通信(RIA)が同国のモロゾフ下院議員の発言として報道。これを嫌気してドルは反転した。ニューヨーク連銀のダドリー総裁は「インフレ率は現在、われわれの長期目標を幾分か下回っているが、金融緩和策の段階的な解除を続けることはなお適切だと判断する」と発言した。

欧州時間の取引

  ユーロは対ドルで、雇用統計後に1.1670ドルとこの日の安値を付け、その後に反転した。

  ドルは対円で雇用統計を受けて113円44銭に上昇した。

原題:Dollar Rises for Fourth Straight Week Amid Strong Economic Data(抜粋)
USD Gain Fizzles on Speculation of N. Korea Missile: Inside G-10(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE