コーンNEC委員長:3%超への成長加速にトランプ減税は「不可欠」

コーン米国家経済会議(NEC)委員長は、失業率が2001年以来の低水準という状況下でも、減税と規制緩和の導入で米経済を最近の2%前後の成長から加速させることが可能だと述べた。

  コーン氏は6日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「国内総生産(GDP)がここ2、3四半期は良好だが、持続可能な水準での成長軌道には入っていない。その達成は必要であり、望まれている」とコメント。「われわれが今目指している税制と規制の改革により、3%超の成長が得られると考える」と話した。

  米雇用市場に関しては「労働力として積極的に加わる人が増えると考える。われわれが始動させた経済成長を持続させる上で減税は不可欠と考えている」と語った。

原題:Cohn Cites Untapped U.S. Growth Potential to Sell Trump Tax Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE