日銀の保有国債残高が減少、異次元緩和導入後初めて-9月末

  • 営業毎旬報告で9月末の保有長期国債は404.2兆円と8月末から減少
  • 「量」的政策の大きな節目と位置付け-三菱モルガンの稲留氏
Bloomberg News

日本銀行が保有する長期国債が異次元緩和開始以来、初めて減少した。

  6日公表された簿価ベースの「営業毎旬報告」によると、日銀が9月末で保有する長期国債は404.2兆円と8月末(404.9兆円)から減少した。3日公表された時価ベースでの「日銀が保有する国債の銘柄別残高」でも、9月末は394.3兆円と8月末(394.5兆円)から減少。いずれも黒田東彦総裁が2013年4月に量的・質的金融緩和を導入してから初めての減少となった。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券の稲留克俊シニア債券ストラテジストは5日付リポートで、日銀は「国債買い入れの限界到来時期を先伸ばしする狙いもあって、『買入額を減らせるときには減らす』動きを続けている」と指摘。残高減少は「4年半続いてきた『量』的政策の大きな節目と位置付けるべきであろう」としている。
  
  日銀は昨年9月、金融調節方針の操作目標をお金の量から金利に変える長短金利操作を導入し、長期国債買い入れ額(保有残高の年間増加額)のめどを約80兆円とした。黒田総裁は5月、年換算の増加額が60兆円前後になっていると説明。8月のインタビューでは「今後数カ月、国債利回りを維持するために買わなければならない国債の量は減っていくだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE