ムニューシン米財務長官が約80万ドル(約9000万円)の公費を使って政府専用機を利用した問題で、財務省監察総監室(OIG)は省内のルールに沿っているとの判断を示した。ただOIGは今後の同様な支出については、必要性の裏付けを「より厳格」に行うよう求めた。

  ムニューシン長官は2月の就任以降、3回の海外渡航を含め、これまでに政府専用機の使用を計9回申請。そのうち8回が承認され、8月の欧州への新婚旅行での使用申請は撤回された。承認された申請の一つは、今月に予定されている中東訪問。

原題:Mnuchin’s $800,000 Travel Upheld; Watchdog Seeks More Rigor (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE