10月5日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

f欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドル反発、7月以来の高水準-6日の雇用統計発表に備え

  5日のニューヨーク外国為替市場ではドルが反発。ドル指数は7月後半以来の高水準となった。クロス取引が解消され、6日発表の雇用統計に備える動きとなった。

  ドルは主要10通貨全てに対して上昇。ドルに対してユーロと円、カナダ・ドルはこの日の安値水準にとどまった。この日はポンドや豪ドル、カナダ・ドルの下げが目立った。ブルームバーグが実施した調査によれば、ハリケーンの影響で雇用統計の非農業部門雇用者数はわずか8万人増と予想されている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.6%上昇。ドルは対ユーロで0.4%高の1ユーロ=1.1711ドル、対円では0.1%上げて1ドル=112円82銭。

  米国債が売られ、10年債利回りが2.36%近辺まで上昇したことがドルを押し上げた。フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は12月利上げを想定していると示唆した。サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁も利上げを支持したが、タイミングに関しては示唆しなかった。米経済指標が堅調な内容となり、ドルの支援材料となったが、6日発表の雇用統計はハリケーンの影響でゆがめられている可能性もある。

  欧州中央銀行(ECB)は9月の政策委員会の議事要旨を公表。ユーロ高に関する懸念や量的緩和(QE)の調整について、新たな見解はほとんど示されなかった。

欧州時間の取引

  対円でのユーロ売りやドルの全般的な上昇を受け、ユーロは対ドルで下落した。

  ドルは対円で、米国債の上昇につれて、この日の安値112円41銭から下げ渋った。これより前は対円でのポンドやユーロの買い持ちを解消する動きとなり、ドルは対円でこの日の安値に下げた。
原題:Dollar Reaches Highest Level Since July Ahead of Jobs Report(抜粋)
USD, JPY Gain as Cross Flows Drive Trading Pre-NFP: Inside G-10(抜粋)

◎米国株・国債・商品:S&P500が8連騰で高値-国債・金は下げ

  5日の米株式相場は続伸し、主な株価指数が連日の過去最高値更新となった。翌日発表の9月の米雇用統計が意識される中、朝方発表された米経済指標が好調だったことで景気楽観論が強まった。一方、米国債は午前の取引で売りが膨らみ、静かな展開となった午後も前日比の下げを維持した。

  • 米国株は続伸、S&P500種8連騰で最高値更新
  • 米国債は下落、好調な米指標や金融当局者のタカ派的発言受け
  • NY原油は反発、サウジ国王とロシア大統領が会談-減産継続に期待
  • NY金は反落、年内利上げ観測で

  S&P500種株価指数は前日比0.6%上昇して2552.07。 ダウ工業株30種平均は113.75ドル(0.5%)高の22775.39ドル。ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.35%。

  S&P500種は2013年以降で最長の連続高。先週の米週間新規失業保険申請件数や8月の製造業受注が市場予想より良好だった。ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁のタカ派的発言を受けて米10年債利回りが2カ月ぶり水準に上昇したことから、銀行株が買われた。

  ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反発。サウジアラビアのサルマン国王とロシアのプーチン大統領が会談したことを受け、世界的な供給だぶつき解消に向けた協調が続くとの期待が醸成された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比81セント(1.6%)高の1バレル=50.79ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント12月限は1.20ドル上げて57ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反落。年末までに利上げが実施されるとの見方が強まっている。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.3%安の1オンス=1273.20ドルで終了。

  S&P500種の業種別11指数は、情報技術と金融をはじめ大半が上昇。公益事業と電気通信サービスのみが下げた。

  先週の新規失業保険申請件数は前週比で1万2000件減少して26万件。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は26万5000件だった。また、8月の製造業受注は前月比1.2%増(市場予想1%増)となった。

  ジョーンズトレーディング・インスティチューショナル・サービシズのチーフ市場ストラテジスト、マイケル・オローク氏は「このところの指標はかなり強く、タカ派的でもあった。先週発表された米個人消費支出(PCE)の価格指数より良好だ」と電話で指摘。「米金融当局を間違いなく軌道にとどめるような、かなり良好な経済指標が出ていることを考えれば特に、国債市場ではこれらの織り込みがさらに必要になる」と話した。

  スペイン・カタルーニャ自治州の分離独立への動きが失速しているとの報道を受けて、欧州でリスク選好の動きが広がったことも、この日の米国債相場を圧迫。このほか、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁はこの日、インフレが当局の目標水準に達することを「楽観」しており、より堅調な経済がインフレ率を一段と高めるはずだとの見方を示した。
原題:Stocks on Best Run in Four Years as Economy Revs: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Close Near Low, Hold Early Losses as Jobs Data Looms(抜粋)
OIL FUTURES: WTI Jumps Most in a Week on Saudi-Russia Discussion(抜粋)
PRECIOUS: Gold Open Interest Slides as Rate Outlook Mutes Demand(抜粋)

◎欧州株:ストックス600が上昇-スペイン株高い、カタルーニャ情勢で

  5日の欧州株式相場は上昇。スペインでカタルーニャ自治州の独立派指導者らが早急な独立宣言を回避するとの見方が広がり、同国株が買われた。

  指標のストックス欧州600指数は0.2%高の391.03で終了。スペインのIBEX35指数は2.5%高と、域内の主要株価指数の中で上げが目立った。

  業種別19指数のうち10指数が値上がり。鉱業株が1.1%の大幅高となった一方、建設株は0.5%下げた。構成銘柄の中で上昇したのは348銘柄、下落したのは238銘柄。

  域内のその他指数では、英FTSE100指数は0.5%高。フランスのCAC40指数は0.3%、イタリアのFTSE・MIB指数は0.5%それぞれ上昇。ドイツのDAX指数はほぼ変わらず。
原題:Spain Leads Europe Stock Rally as Catalan Secession PushStalls(抜粋)

◎欧州債:スペイン債、4日ぶり上昇-カタルーニャ情勢と入札好調で

  5日の欧州債市場ではスペイン国債が4日ぶりに上昇。カタルーニャ自治州の独立派指導者らの間で次の一歩について意見が分かれていることが判明した。午前中の入札で力強い需要があったことも支援材料だった。

  スペイン債は長期債を中心に買われ、10年債利回りは一時11bp低下。今週に入ってからの上げ幅を縮めた。新発5年債の応札倍率は2.12倍、12年債の応札倍率は2.50倍で、前回のそれぞれの倍率である1.88倍と1.67倍を上回った。

  周辺国債のスプレッドは縮小。イタリア国債もスペイン債に追随して上昇。ドイツ国債はほぼ変わらず。
原題:Spanish Bonds Halt Three-Day Fall; End-of-Day Curves,Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE