北朝鮮が東京・ソウル核攻撃なら死者210万人も-「38ノース」が分析

  • 歴史は「合理的行動」をするリーダーの計算違いの例に事欠かない
  • 北朝鮮は弾頭20-25発とミサイル装着能力があると推定-ザグレク氏
Photographer: Handout/Getty Images

北朝鮮を壊滅させるとのトランプ米大統領の強硬発言に大統領補佐官らも戦争のリスクについて警鐘を鳴らしている。米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の北朝鮮分析サイト「38ノース」は、北朝鮮との武力衝突が近隣諸国にどれほどの大惨事をもたらすかを示している。

  同サイトの新たな分析によれば、北朝鮮がソウルと東京を核攻撃した場合、最大で210万人が死亡、770万人が負傷する恐れがある。

  データベースとコンピューターモデリング専門のコンサルタント、マイケル・J・ザグレク氏の分析は、現在推測される北朝鮮の兵器技術と爆弾の威力に基づいている。同氏は北朝鮮が20-25発の弾頭と、それを弾道ミサイルに装着する能力を持っていると推定している。

  北朝鮮の金正恩労働党委員長が米本土攻撃が可能な兵器開発計画を追求し、トランプ大統領が先制攻撃をちらつかせる中で北アジアの武力衝突のリスクが高まった。北朝鮮が米国の同盟国を攻撃する可能性は極めて小さいものの、歴史は「合理的行動」をするリーダーの計算違いの例に事欠かないとザグレク氏は指摘する。

  同氏によると、北朝鮮の旧型弾頭は15-25キロトン程度の威力で、1945年に広島と長崎に投下されたものと同程度だという。9月3日の核実験に使われたものは108-205キロトンと推定され、被害ははるかに大きくなる。

金正恩は「核を操る狂人」か「抜け目のない独裁者」か-人物像を探る

原題:Nuke Strike on Kim’s Neighbors Could Kill Estimated 2.1 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE