きょうの国内市況(10月5日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●TOPIXが小反落、過熱感や円安鈍さ重し-金融、輸出一角さえない

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は、TOPIXが小反落。テクニカル指標からみた過熱感が残る中、良好な米国経済統計が続いているにもかかわらず、米金利や為替市場での円安の鈍さが嫌気された。保険や銀行など金融株、電機や精密機器など輸出株の一角が安い。

  半面、ビールの値上げ表明による収益改善期待が続いたアサヒグループホールディングスを中心に食料品株は高く、一部報道をきっかけにクロマグロの完全養殖事業への期待が広がった水産株は急伸。相場全般の下方圧力も限られた。

  TOPIXの終値は前日比2.07ポイント(0.1%)安の1682.49と、3営業日ぶりに安い。日経平均株価は1円90銭(0.01%)高の2万0628円56銭と小幅に4日続伸。

  東海東京調査センターの中井裕幸専務は、「東証1部の騰落レシオが一時130%を超え、選別投資や短期逆張りにスタンスを変えていく局面。米国の経済指標は良く、ドル上昇で為替は1ドル=113円を超えてもいいが、112円台」と指摘。115円にならないと企業業績の上方修正期待が出にくい上、総選挙も票読みがしづらく、「アベノミクスが続くのか終わるのか大きな分岐点。10月中旬は政局の不透明さを織り込みにかかる」との見方を示した。

  東証1部33業種は保険、陸運、卸売、精密機器、電機、鉄鋼、化学など22業種が下落。上昇は水産・農林、食料品、石油・石炭製品、繊維、輸送用機器など11業種。水産では5日付の日本経済新聞報道を受け完全養殖のクロマグロ出荷への期待が広がった日本水産が急伸し、食料品は値上げのプラス効果を期待するビール3社など飲料メーカーの上げが寄与した。売買代金上位ではジャパンディスプレイやセイコーエプソンが安い半面、任天堂や石川製作所、今期の営業利益計画を上方修正したイオンは高い。

  東証1部の売買高は13億7835万株、売買代金は1兆9940億円、代金は9月11日以来の2兆円割れ。値上がり銘柄数は597、値下がりは1341となった。

●債券上昇、政局不透明感の緩和で買い圧力-米金利の上昇一服も下支え

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は上昇。希望の党代表の小池百合子東京都知事が衆議院選挙に出馬しない意向をあらためて示したことで政局不透明感の緩和による財政懸念の後退に加え、米長期金利の上昇一服感も相まって買い圧力が掛かった。

  長期国債先物市場で中心限月12月物は前日比1銭高の150円49銭で取引を開始。午前にいったん8銭安の150円40銭を付ける場面もあったが、午後にかけては切り返す展開。一時は150円56銭まで上昇し、結局は5銭高の150円53銭で引けた。

  しんきん証券営業企画部の高井行夫金融市場アナリストは、「小池氏が出馬して勝ってしまった方が消費増税見送りの可能性もあったので財政的には悪い。その辺の買い安心感や米債の下げ止まり地合いもみて、期初の待機資金が入ってきている」と指摘。また、「国庫短期証券の需給も足元で急に締まってきており、短めのゾーンは海外勢の買いが意識されやすい面もある」と言う。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の348回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より0.5ベーシスポイント(bp)高い0.055%で寄り付いた後は水準を切り下げ、午後には0.045%と9月27日以来の水準まで買われた。

  中期債も堅調。新発2年物の381回債利回りは横ばいのマイナス0.14%、新発5年物の133回債利回りは0.5bp低いマイナス0.105%と、ともに9月27日以来の低水準で推移した。

  財務省がこの日に実施した10年物価連動国債入札の結果は、最低落札価格が104円50銭と、市場予想104円40銭を上回った。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は3.10倍と、前回の3.19倍からやや低下した。

●ドルは112円台後半とほぼ横ばい、米雇用統計控え様子見-豪ドル下落

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=112円台後半と、前日比ほぼ横ばい。前日発表の米経済指標が市場予想を上回ったことなどがドルの支援材料となる一方、6日の米雇用統計を控えて様子見姿勢が強く上値も重たい展開となった。

  午後3時31分現在のドル・円相場は前日比0.1%高の1ドル=112円83銭。朝方に112円92銭まで上昇した後、商業決済が集中する五・十日の仲値公表にかけて一時112円69銭まで下げた。午後は112円台後半でもみ合いとなった。

  三菱UFJ信託銀行資金為替部為替市場課の池島俊太郎課長は、「あすの米雇用統計については、ここまでの数字で、そんなに下振れの感じがなくなってきている。賃金が大事ではあるが、ヘッドラインが上振れると買われて113円半ばから後半を試す可能性もありそう。ただ、日米が3連休の上、連休明けに北朝鮮の記念日を控えるため、一応の警戒から利益確定の動きで押し戻されることもあり得る」と述べた。

  豪ドル・米ドルは同時刻現在、0.6%安の1豪ドル=0.7820米ドル。8月の豪小売売上高が予想外に減少したことを背景に、一時0.7819米ドルまで豪ドル安・米ドル高が進んだ。三菱UFJ信託銀の池島氏は、「豪小売売上高が予想外のマイナスになったことに反応して売られた。中国は10月過ぎると緩やかに景気が鈍化していくとみられ、豪ドルに対しては弱気」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE