ムニューシン米財務長官は政府専用機の使用を巡り監察官の調査に直面しているが、米財務省の倫理担当者は7月に辞任していたことが分かった。

  倫理担当職を7年間務めていたロシェル・グラナト氏のリンクトインのプロフィルによれば、同氏は7月に退任した。米政府倫理局(OGE)のウェブサイトに掲載された各連邦機関の指定倫理担当者リストで財務省のポストは空席となっている。

  米財務省報道官はグラナト氏の後任として指定倫理担当者が配置されたと述べたが、担当者名についての問い合わせに現時点で答えていない。

原題:Mnuchin’s Treasury Lost Ethics Officer Before Flights Review (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE