4日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下げ渋る展開。アジア市場で下げていたが、米民間雇用者数が小幅な伸びながら予想と一致し、非製造業部門の景況感指数が12年ぶりの高水準になったため、ドルは幾分か持ち直した。

  ドルはスイス・フランを除くすべての主要10通貨に対して下落。米労働省が6日に発表する雇用統計待ちから、小幅な取引レンジにとどまった。取引終盤にはスペイン・カタルーニャ州の首相が演説したが、市場は反応薄だった。

  ADPリサーチ・インスティテュートがこの日発表した9月の民間雇用者数は13万5000人増と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値と一致。雇用統計の非農業部門雇用者数はハリケーンの影響を加味して8万人増と予想されているが、達成可能との見方が強まった。米供給管理協会(ISM)がこの日発表した9月の非製造業景況指数は59.8と、エコノミスト予想の中央値55.5を上回った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下。ドルは対ユーロで0.1%安の1ユーロ=1.1759ドル、対円では0.1%下げて1ドル=112円76銭。

  カタルーニャ自治州のプチデモン州首相は、独立を支持した住民投票の結果を適用する必要があるとした上で、仲介プロセスを求める考えを示した。市場は今後もスペイン情勢に注目する可能性が高い。

  5日には欧州中央銀行(ECB)が政策委員会の9月会合議事要旨を公表する。

欧州時間の取引

  ユーロは対ドルでADP統計の発表後に1.1788ドルまで上昇したが、1.1800ドルを前にユーロ売りが控えているため、上値が重くなった。

  ドルは対円で一時112円32銭まで下落し、その後は前日終値近辺まで下げ渋った。9月27日の高値113円26銭近辺が抵抗線になるとみられている。

原題:Dollar Drops Amid Narrow Ranges as Traders Await Next Drivers(抜粋)
Dollar Pares Drop After ISM Services Gauge Surges: Inside G-10(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE