アサツーディ・ケイ(DK)に米投資ファンドのベイン・キャピタルが提示した13億ドル(約1470億円)の買収案に対し、株主の間で反発が広がっている。

  アサツーDK2位株主の英投資ファンド、シルチェスター・インターナショナル・インベスターズはベインの提示価格が低すぎるとし、反対を表明した。事情に詳しい関係者によると、筆頭株主の英広告会社WPPはベインの買収案発表後、直ちに提示額に抗議する方針を固めた。

  シルチェスターは4日、「現在の買収提示額はアサツーDKとその資産、フランチャイズおよび将来の事業機会を大幅に過小評価している」とのコメントを電子メールで配布。「弊社はアサツーDK取締役会が身売りに応じる前に、他の買い手を見つけるべく有意かつ十分な努力をしたとは納得していない」と批判。その上で、他の買い手が現れてより高い買収額が提示されれば検討すると明らかにした。

  シルチェスターはアサツーDKの発行済み株式17%を保有。WPPは約25%の株式を握る。

原題:Silchester Joins WPP in Calling Bain’s Bid for Asatsu-DK Too Low(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE