米、キューバ大使館員15人に国外退去命令-外交官健康被害で対抗措置

Cuban embassy in Washington, D.C.

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米国務省はキューバ駐在の外交官22人が聴力低下など原因不明の健康被害を受けた問題で、駐米キューバ大使館員15人に国外退去を命じた。オバマ前米大統領が推し進めたキューバとの国交正常化の取り組みをトランプ大統領が逆行させる中、今回の措置は両国間の溝を深める可能性が高い。

  ティラーソン米国務長官は3日の発表資料で、「今回このような決定をしたのは、キューバがウィーン条約が定めた義務に従わず、米外交官を保護する適切な措置を講じなかったためだ」と説明した。

  国務省によれば、外交官22人が正体不明の出来事により聴力低下や認知障害、不眠といった健康被害を受けた後、米国は先月29日、半数以上の外交官と家族に国外退避を命じていた。

原題:U.S. Expels 15 Cuba Embassy Officials After Bizarre Attacks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE