保険ブローカー向けのソフト開発を手掛ける英PremFina(プレムフィナ)は、創業者であるバンディープ・シン・ランガー最高経営責任者(CEO)が目指す事業拡張の費用を賄うための最初の資金調達ラウンドで、3600万ドル(約41億円)を集めた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、プレムフィナは、楽天のベンチャーキャピタル部門のほか、資産家のティム・ドレイパー氏が後ろ盾となる英ドレイパー・エスプリを含む投資家から株式・社債投資を通じて資金を調達した。ランガー氏自身も資金を投じており、プレムフィナの経営権を引き続き掌握する。

  関係者によれば、他の投資家には、ロシアのエメリー・キャピタルとサンフランシスコおよびニューヨークに拠点を置くファンド運営会社ルビコン・ベンチャー・キャピタル、金融情報サービス会社トムソン・ロイターの経営権を一族が握るピーター・トムソン氏のベンチャーキャピタル、トムベスト、さらに元石油トレーダーのボブ・フィンチ氏が共同で設立したタリス・キャピタルが含まれる。

  プレムフィナとエメリー、ルビコン、トムベストの担当者はコメントを控えている。他の投資家にもコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:PremFina Is Said to Raise $36 Million in Rakuten, Draper Funding(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE