ジョンソン英外相は欧州連合(EU)離脱を巡りメイ首相の方針を「一言一句」支持していると表明し、反旗を翻しているとの見方を否定した。

  与党保守党がマンチェスターで開催している党大会で批判にさらされたジョンソン外相は、メイ首相がイタリアのフィレンツェで行った演説の内容を全面的に支持していると述べた。外相が党大会直前にEU離脱について独自に絶対条件など主張したことから、首相が外相を更迭すべきだとの声が浮上していた。

  ジョンソン外相は「メディアで報じられている内容に反して、内閣はメイ首相のフィレンツェでの素晴らしい演説を句点や読点を含め一言一句まで支持し団結している」とBBC放送の2日夜の番組で語った。

  党大会では議員らからジョンソン外相への批判が噴出。ジョン・ハウエル議員は、外相は「おしゃべりな口をつぐむべきだ」と苦言を呈した。英紙タイムズは複数の閣僚が外相更迭を進言したと先に報じていた。

原題:Boris Johnson Falls Into Line on Brexit After Tory Rebukes (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE