米証券取引委員会(SEC)は2日、SECの企業情報開示システム「EDGAR(エドガー)」に昨年不正アクセスしたハッカーらが2人の個人情報を不正入手していたことを明らかにした。個人情報の漏えいはなかったという従来の見解を改めた。

  SECによれば、エドガーへの不正アクセスにより、2人の氏名と生年月日、社会保障番号が流出した。この2人がSEC職員なのかどうかも含め、詳細な情報は明らかにされていない。

原題:SEC Says Hackers Got More Data Than Previously Disclosed (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE