懐潤いジャガイモ離れ顕著、北海油田発見後のノルウェー-チャート

  ノルウェーでは、北海で原油が発見されて以降、ジャガイモの消費量が劇的に減少している。現在、懐が温かくなったノルウェー人のジャガイモ消費量は年間平均約27キログラムと、1950年代の75キロから減少。ノルウェー統計局が2日発表したデータによれば、食肉の消費量が着実に増加するとともに食生活が大幅に多様化し、夕飯の食卓ではジャガイモがコメやパスタと競い合っている。

原題:Richest Scandinavians Are Dumping the Lowly Potato: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE