石油輸出国機構(OPEC)加盟国の原油生産は9月に若干増加した。リビア最大の油田で生産が再開された。

  ブルームバーグ・ニュースが調査したアナリストや石油会社、船舶追跡データによれば、OPEC加盟国の産油量は日量3283万バレルと、前月よりも12万バレル増加した。

  リビアの産油量は日量3万バレル増の92万バレルだった。リビアとナイジェリアは政情不安を理由にOPECの減産合意の適用を免れている。ナイジェリアの産油量は日量2万バレル増の177万バレルだった。

原題:OPEC Oil Output Climbed in September as Libya, Nigeria Recover(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE