ラスベガスで銃乱射事件、59人以上死亡-大統領は4日に現地訪問

更新日時
  • 少なくとも527人以上が負傷と警察-銃乱射として米史上最悪
  • トランプ大統領は「悪魔の所業だ」とコメント

トランプ米大統領は2日、ラスベガスで1日夜に発生した銃乱射事件を受け4日に現地を訪問すると表明した。警察によると、事件では少なくとも59人が死亡、527人以上がけがをし、銃乱射として米史上最悪。

  大統領は2日の声明で、ラスベガス銃乱射は「悪魔の所業だ」とコメントした。連邦捜査局(FBI)と国土安全保障省が捜査にかかわると説明した。

  警察によると、容疑者は野外コンサート会場を見下ろすホテルの部屋から発砲した。容疑者は死亡し、動機は明らかでない。

ラスベガスでの音楽祭(1日)

写真家:David Becker /ゲッティイメージズ

  トランプ大統領は「多数の米国民が今、大切な人の突然の死を悼んでいる」とし、その痛みは計り知れないと語った。

  過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出したと、過激派の動きを監視しているSITEインテリジェンス・グループがIS系メディアのアマク通信を基に明らかにした。

ラスベガス

(出所:Bloomberg)

  警察当局によると、容疑者はネバダ州の住民、ス​​ティーブン・パドック(64)で、事件後に自殺した。SITEによれば、アマク通信は同容疑者が最近イスラム教に改宗していたとしているが、証拠は示していない。トランプ大統領は容疑者の名前や動機、テロに言及しなかった。FBIのアーロン・ルース捜査官はラスベガスでの記者会見で、「現時点では国際的テログループとの関連はないと判断している」と述べた。

  国家安全保障会議(NSC)の当局者もテロリストとの関連は判明していないとした上で、捜査を続けていると述べた。

原題:Trump to Visit Las Vegas After Shooting Tests His Leadership (3) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE