スペイン政府:カタルーニャで法の支配確保へ、警察の行動「模範的」

スペイン政府はカタルーニャ自治州で法が順守されるよう利用可能なあらゆる手段を検討すると、カタラ司法相が言明した。違憲と判断された同州の住民投票阻止に向け警察がとった行動は「模範的」だとたたえた。

  同司法相はTVE放送とのインタビューで「法律と憲法が政府に与えたあらゆる法の力と仕組みを活用すると、私はかねて表明してきた」とし、治安当局の「抑制された」対応を称賛した。住民投票では警察官が市民を暴力的に鎮圧する映像が流れ、一部の欧州指導者は懸念を示唆した。

ラホイ首相の演説を聞く市民(1日)

写真家:Angel Navarrete / Bloomberg

  カタルーニャの独立派指導者らは数日内に独立を宣言する構えを見せており、危機は悪化の一途をたどっている。同州の自治を停止する憲法の条項を発動するかとの問いに司法相は、政府の義務は「問題を解決」し、法の支配を確保することだと答えた。

  ラホイ首相は社会労働党のサンチェス党首およびシウダダノスのリベラ党首と会談する方針。

  住民投票翌日の2日の市場でユーロとスペイン株は下落。現地時間午前11時2分現在ユーロは0.6%安の1ユーロ=1.1741ドル。IBEX35指数は1.2%安。

  トゥルル州政府報道官は2日未明の記者会見で、投票総数230万のうち200万票が独立賛成だったと述べた。有権者数は500万人強。

原題:Spain Vows to Enforce Law in Rebel Catalonia as Standoff Worsens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE