台湾TSMC:創業者の張忠謀会長、2018年6月に退任

半導体の受託生産で世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の張忠謀(モリス・チャン)会長が来年6月に退任する。自身が創業した会社の指揮は、2人の共同最高経営責任者(CEO)に委ねる。

  同社の発表資料によれば、劉徳音氏が張氏の後継の会長になり、魏哲家氏がCEOを務める。張会長を巡ってはこれまでも退任間近との観測が流れていたが、今回、会社側が正式に発表した。

原題:TSMC Chairman Chang to Retire and Hand Reins to Co-CEOs in June(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE