フランス南部マルセイユのサンシャルル駅で1日午後1時45分(日本時間同8時45分)ごろ、刃物を持った男が女性2人を殺害した。男は兵士に射殺された。

  男は「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたとされ、検察当局はテロ事件の疑いがあるとみて捜査を開始した。フィリップ首相はツイッター投稿で、事件への怒りと犠牲者に哀悼の意を表明するとともに、「警戒を緩めてはならない」と指摘した。

原題:Marseille Knife Man Kills Two Women in Suspected Terrorism (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE