トランプ米大統領にインフラ政策について助言する特別顧問のDJ・グリビン氏は9月26日の会議で、官民パートナーシップ(PPP)などの活用を通じて老朽化した道路や橋、空港の刷新に1兆ドル(約113兆円)投じる計画の意義を強調した。同じワシントンで同日、トランプ大統領は議員らに対し、こうした仕組みはうまくいかないと語っていた。

  民間資金の活用はトランプ政権の経済計画の重要な柱の一つだったが、大統領が心変わりしたとみられることで揺らいでいる。

  トランプ氏の発言は下院歳入委員会の共和、民主両党の委員との非公開の会合で出たもので、3人の議員が明らかにした。これを受け、同計画の財源をどのように確保するかや、大統領がインフラ整備のための連邦予算拡大を検討しているのではないかといった新たな疑問が生じている。9月27日に大型減税案を公表したことで、歳出の拡大はより困難になっている。

  民主党議員は連邦政府支出の拡大に道が開かれる可能性を歓迎した。一方、財政赤字縮小を主張する強硬派はいら立ちを見せた。ただ、両陣営ともトランプ氏の真意を測りかねている。

  米シンクタンク、リーズン財団の運輸政策担当ディレクター、ロバート・プール氏はトランプ氏の発言について、「さらなる超党派協議に結び付けるための試みなのか、実際に根本的な政策転換なのか判断するのは難しい」と指摘。「根本的な政策転換であれば、ホワイトハウスでは新たな就職先を探す人が出てくるだろう。PPPインフラのために雇われたためだ」と述べた。

原題:Trump’s Change of Heart Puts $1 Trillion Building Plan in Limbo(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE