希望の党の若狭勝前衆院議員は1日のNHK番組で、党代表の小池百合子東京都知事の衆院選出馬について「出ないのではないかと私は思っている」と語った。若狭氏は今月の衆院選で政権交代する見通しがあれば、出馬もあり得るとの認識を示した上で、「次の次くらい」の衆院選で確実に交代出来るような議席数に達するような見通しとすれば、今回の選挙には小池氏が出馬しなくても「構わないと思う」とした。

  若狭氏は近く、衆院選1次公認を発表する考えを示した一方、最終的に擁立する候補者数は「どの程度になるか積み上げている」と述べるにとどめ、過半数(233議席)以上かどうかについて明言を避けた。候補者擁立に関しては合流する民進党との調整を行っており、「きちんと見極めなければ国民に対して失礼」と強調した。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE