米シティ、フランスでブローカー免許を申請-英EU離脱に備え

  • フランスでの免許申請はEUにポジションを移す計画の一環
  • シティはフランクフルトにEUの新ブローカーディーラー本部設立へ

シティグループは、英国の欧州連合(EU)離脱後のブローカーディーラー業務の拠点をドイツに置く計画をバックアップする取り組みの一環として、フランスでブローカー免許を申請した。

  欧州中東アフリカ担当の最高経営責任者(CEO)を務めるジム・カウルズ氏は仏紙レゼコーに対し、免許申請はポジションを欧州大陸に移す計画の一環だと述べた。広報担当は発言内容を確認した。

  シティは7月、フランクフルトをEU域内の新しいトレーディング拠点の「第1の選択肢」と位置付け、域内で新たに採用するスタッフ150人の大部分がフランクフルトをベースとすることを明らかにしていた。同行は当時、マドリードやパリ、アムステルダム、ダブリン、ルクセンブルクでのプレゼンスも高める考えを示していた。

原題:Citigroup Applies for a French Broker License in Brexit Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE